ビキニラインを完璧脱毛!Vラインは油断大敵!

Vライン脱毛のサロン別参考費用


  銀座カラー 脱毛ラボ ピュウベッロ エピレ
Vライン脱毛 13,000円(税別) *2 20,632円(税込) 23,000円(税別) 13,500円(税別)*2
回数 6回コース 6回コース 6回コース 6回コース
脱毛範囲 *1 Vライン上部orサイドのどちらか1箇所 Vラインすべて Vライン&Iラインのセット *3 Vラインサイドor上部のいずれか1箇所
*1 脱毛範囲は、表中の料金で施術可能な脱毛範囲を記載しています。
*2 「サイド」と「上部」両方の施術の場合は倍の料金になります。
*3 ピュウベッロはビキニライン脱毛としてVラインとIラインが脱毛範囲に含まれております。
*キャンペーンや価格変更などにより、上記表示価格が異なっている場合もございます。最新の価格は各サロンの公式HPや、直接各サロンへお問い合わせくださいませ。

Vラインはいわゆるビキニラインと言われるところ
Vラインはデリケートゾーンの最初のお手入れとして始めやすい部分。気がついたら友人みんなVラインの“お手入れ済み”で、自分1人恥ずかしい思いをした!なんてことがないように!

Vライン(ビキニライン)脱毛のメリット

水着シーズンも安心!

水着からアンダーヘアがはみ出るなんてオンナの恥としか言いようがない!!!絶対に避けたいアクシデントです。
その点、Vラインのお手入れをしていれば、そんな不安にかられることもなく安心。
夏の水着シーズンにビキニラインのお手入れは必須です。

かゆみやニオイ、不快の原因を取り除く!

デリケートゾーンのかゆみやニオイは、生理時の経血や、おりもの、排泄物がアンダーヘアに付着することが原因。アンダーヘアをお手入れすることは衛生面からみてもメリット大!です。

水着シーズンも安心!

ぴったりと身体にフィットするパンツやスカートを着るなら、ラインがでないように下着はタンガ(Tバック)がベスト。タンガ(Tバック)を履くならビキニラインのお手入れはもはや常識でしょう。タンガ(Tバック)だけでなく、かわいい下着もアンダーヘアを気にすることなく着られるのも嬉しいですよね。

どこまで脱毛する?Vライン(ビキニライン)脱毛

欧米セレブの間では、Vライン(ビキニライン)も完全に脱毛するのが一般的ですが、日本ではVラインの形を整えるぐらいの人も多いようです。
もちろん完全に脱毛すれば、どんな下着でも水着でも安心。ただ温泉や銭湯文化のある日本では、Vラインの完全脱毛は抵抗のある人も。そんな人は、Vラインのムダ毛の面積を小さくして、形を整えるスタイルの脱毛が良いでしょう。

Vラインの形は、三角の形に、I字の形に、楕円形に、とさまざま。履きたい下着などを施術するエステやクリニックに持っていってVラインの形を決める人もいます。 またIライン&Oラインと違って、Vラインを完全に脱毛するかどうかは、パートナーとも相談して決めましょうね。

どうやって脱毛する?Vライン(ビキニライン)脱毛方法

Vライン(ビキニライン)脱毛方法として多かったのがはやりカミソリ。カミソリを使って自分で脱毛する方法。
ただVライン(ビキニライン)は、特に衛生面に注意したい部分なので、カミソリでのお手入れは推奨できません。衛生面だけでなく、新しく生えてくるムダ毛がチクチクすることも多く、かえってゴワゴワしたアンダーへアになってしまうことも!デリケートゾーンのお手入れは、やはりプロにお任せするのが一番!エステサロンやクリニックで脱毛するのがオススメです。

今ではワキとVライン・Iライン・Oラインと言うデリケートゾーンの脱毛が最も人気のある脱毛コースだというサロンも多く、これだけデリケートゾーンの脱毛が一般的になっていると恥ずかしさも少し薄れます。

エステの場合、オススメなのが「ピュウベッロ
ピュウベッロの場合、Vラインの脱毛料金はは6回コース23,000円とリーズナブル。ただし、キャンペーンを利用すればもっと安く脱毛することも可能なので、最新のキャンペーンは是非、公式サイトからチェックしてください!

それでも、どうしても他人にやってもらうのは恥ずかしい!という人は、デリケートゾーンにも使用可能な家庭用脱毛器を使いましょう。

デリケートゾーンでも使用できる家庭用脱毛器としは、「ケノン」「センスエピ」「TRIA」などがあります。このサイトで紹介している家庭用脱毛器は基本的には全てVラインの脱毛には対応しているので、色々と比較して自分にあった家庭用脱毛器選びの参考になりましたら幸いです。

脱毛エステ★徹底ランキング
エターナルラビリンス

1位 エターナルラビリンス

お客様の口コミや紹介での会員30万人突破。明瞭な料金体系で人気・満足度高し。

詳細を見る

2位 銀座カラー

銀座カラー

痛みが少なく肌にやさしい「IPL脱毛」方式を採用!キャンペーンを実施していることも多く、リーズナブルな料金で人気です!

>> 詳細を見る

3位 ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

全国に多数店舗があり、その全てが安心の直営店。満足できなければ全額返金保証!

>> 詳細を見る

4位 エピレ

エピレ

お客様の声を大切にするサロン。料金もリーズナブルで明瞭!保証も充実!

>> 詳細を見る

5位 脱毛ラボ

脱毛ラボ

業界最安値を目指す芸能人症例数NO.1サロン。顧問医師もいるので安心。

>> 詳細を見る

脱毛器★徹底ランキング
ケノン(KE-NON)

1位 ケノン(KE-NON)

家庭用脱毛器として日本発の6連射を実現。世界最大の照射面積、1ショットあたり0.0185円と低コストを実現!全身での利用が可能!自動照射モード搭載でスムーズな脱毛が可能。

詳細を見る

2位 イーモリジュ

イーモリジュ

トリプルショット&ワイド照射で脱毛時間が短いのが人気!全身での利用可。

>> 詳細を見る

3位 センスエピG

センスエピ

家庭用脱毛器として初めて肌色センサーを搭載!照射面が広いのが特徴です。

>> 詳細を見る

4位 トリア

TRIA

消耗品が必要ではないので長期間低コストでの利用が可能!充電式です。

>> 詳細を見る

5位 シルキン

シルキン

両ワキわずか10分!20mm×30mmのワイド照射面で脱毛時間を短縮。

>> 詳細を見る

口コミを募集しています!投稿はこちらから
全身脱毛徹底検証 facebookページバナー